実習プログラムの例

センターが提供できる実習プログラムの例

実習風景

当センターが提供する教育内容は,湖沼・河川の生物と環境に関する専門的な実習,教養的な実習, 理科教育に関した実習などです.具体的なメニューとしては,次のような臨湖実習を, 1泊2日~4泊5日でよく実施しています.

<臨湖実習>

首都圏の水がめである霞ヶ浦をフィールドに,基本的な水質・動植物の調査法を習得する. 湖沼環境の特性,湖岸のコンクリート護岸化が生物群集に及ぼす影響,外来生物のインパクトなどを 体感しながら,湖沼生態系の仕組みについて学ぶ.

  • ●環境調査:船上での水温,透明度,pH,光量子,溶存酸素量等の環境測定
  • ●生物調査:沖帯や沿岸部の水草帯など複数の定点で,プランクトンネット,採泥器, 投網や地曳網等の採集道具を用いたプランクトン,底生動物および魚類の定量・定性採集
  • ●室内作業:クロロフィルa量や栄養塩類などの水質分析,および各種顕微鏡を用いた生物試料 (植物・動物プランクトン,底生動物,付着生物,魚類など)の 観察・標本作製・同定・計数・測定・解剖
  • ●実習成果発表会およびレポート作成

当センターが対応できる利用大学提案型の実習プラグラムの例

上記の実習に限らず,環境・生物・地球科学などさまざまな分野の実習に対応しています. ご希望に応じた実習プログラムを準備しますので,いつでもご相談ください.具体例は以下のようなものです.

<陸水学概論>

日帰りまたは1~2泊で行う.調査船を利用し,北浦の沖帯で水質調査や生物採集を行う. それらの試料を実験室で分析し,湖沼生態系の仕組みを学ぶ.

<湖岸環境の保全>

日帰りまたは1~2泊で行う.北浦のヨシ帯で多種多様な生物をさまざまな方法で採集し, その分類と生態を学ぶ.湖岸開発が生物多様性に及ぼす影響についても検討する.

<外来種問題>

日帰りまたは1~2泊で行う.河川・湖沼でさまざまな外来生物を採集し, それらが引き起こしている問題,対策の現状を学ぶ.

<魚類学>

日帰りまたは1泊で行う.野外で魚類の採集方法を学ぶとともに,食材となる魚類を解剖し, 魚類の形態とその機能について専門的に理解する.

<地質環境科学>

日帰りまたは1~2泊で行う.霞ヶ浦・北浦周辺の地形や地層の観察,水路実験の体験を通して,この地域がどのように環境を変えながら現在に至るかを学ぶ.

これらは,あくまでも一例です.利用大学の課程・目的にあわせ, これまで蓄積してきた内容から必要なものを組み合わせたオーダーメイド型の実習を構築します. 必要に応じて当センター職員が船の運転及び各専門分野での補助を行うこともできます. はじめてご利用をお考えの場合は,お気軽にお問い合わせください.具体的な利用例や実習の雰囲気は,ブログでもご覧いただけます.

実習風景(画像をクリックすると拡大できます)